• 束入れ

  • 束入れ

INTRODUCTION

スマートな心地よさ

Smartness is a style

やわらかでなめらかな質感の束入れです。その使い心地の良さは、日々のお買い物を快適にしてくれます。装飾をそぎ落としたデザインで、素材を見せつつ、機能性も余すところなく発揮します。

Soft, smooth wallet. This will accompany you in everyday life.

DESIGN

シンプルさこそがスタイル

Simple goes easy

スワイプでスクロールできます。

COLOUR

自分色を選ぶ、楽しむ

Choose your colour

  • スワイプでスクロールできます。

    赤銅色SHAKUDOIRO

    金属の赤銅のような艶のある暗い赤色。
    赤銅とは奈良の大仏鋳造の資材表に記載があるほど、古くから使われてきた金属です。

  • スワイプでスクロールできます。

    憲法黒KENPOGURO

    温かみのある、茶色がかった黒色。
    江戸初期に剣術家であった吉岡憲法が考案。日常の衣服の黒として愛用されました。

  • スワイプでスクロールできます。

    焦がれ色KENPOGURO

    緋色のことを「思い色」と言うように、感情の焦がれを表す色。
    暗く渋い褐色。色合いの割りにロマンチックな色名です。

  • スワイプでスクロールできます。

    紺藍KONNAI

    紺と藍を重ね、青の濃さが強調されている色。
    藍は人類最古の植物染料のひとつで、江戸時代から人々に広く愛用されました。

  • スワイプでスクロールできます。

    黄金色KOGANEIRO

    金色、ゴールド。または山吹色。
    古代人は黄金色によって、言い表すのが難しい金属光沢を含んだ色を表現しました。

  • スワイプでスクロールできます。

    千歳緑CHITOSEMIDORI

    松の葉の緑のような濃く深い緑色。
    長寿と不変の象徴である松にあやかる縁起のよい色だと言われます。

  • スワイプでスクロールできます。

    紫根SHIKON

    紫草の根で染められた色で、
    明治時代から式典などに使われる尊い色とされています。

FEATURES

毎日のこだわり

Everything for daily use

毎日使うからこそ、飽きのこないものを

Timeless design for everyday.

あっさりとした外観で、良質な鹿革の魅力を最大限に見せています。内側も同色の鹿革を使い、シンプルに作りました。毎日の生活に欠かせないものこそ、飽きのこないデザインを。

With its minimalistic design, the quality of leather is more evident. Lined in upper material of the same colour.

優しく、柔らかく、たっぷり収納

Essentially capable

小銭入れとは別使いのタイプなので、厚みが出ず、スマートに収まります。メインの収納が2つ。マチは最大幅18ミリあり、お札や領収書なども十分入れられます。カードポケットは12個。手前のポケットは浅めにつくられているので、よく使うカードを取り出しやすくなっています。

In spite of its simplicity, this long wallet has got optimised capacity to hold cards and bills. It consists of tow main compartments. The gusset measures 20 mm at the widest part. 12 card pockets.

時間とともに、より味わい深く

Aging of the material

藤岡勇吉本店の鹿革はきめが細かく、シボも小さめですが、この束入れくらいの大きさではその表情もさらに美しく見えてきます。束入れで展開する7色のうち、とくに憲法黒はタンニンなめしであるため、使い込むうち表面に艶が増していく特長を持っています。

The deerskins from Fujioka Yukichi Honten has got extremely compact fibres, and their grains are rather small. On not‐so‐small‐sized article such as this wallet, the beauty of skin becomes more evident. Please note also that in the course of time in contacts with hands, the surface of Kempoguro deerskin takes shininess, like patina effect, as it is vegetable‐tanned.

鹿革サンプルを
無料でお届けします。

鹿革ならではのやわらかくしっとりした手触りを感じていただくために、無料でサンプルをお届けします。お気軽に革サンプル請求フォームからご請求ください。

鹿革サンプル請求はこちら

deerskin

鹿革を仕立てる。

“How to” of deerskin

素材の良さは必須。

Quality of material is vital

軽くて丈夫な鹿革は、日本では古代から人々に親しまれてきました。奈良の正倉院の宝物の中にも、内側を鹿革で作られた履物があります。しかもある程度革の元の特質が保持されていることからも、経年による劣化が緩やかであることがわかります。きめが細かい表面、ふっくらとしたやわらかさ、そして絹のようなしっとりとした手触り。非常に細かい繊維が密に絡んだ層でできているため、伸縮性に富んでいることも特長です。

Deerskin, whose major characteristics are their light‐weight and durability, has been in daily use in Japan since very ancient times. In Shosoin, Nara, there are shoes lined in deerskin which retain certain level of original characteristics, even though they are dated at least 1300 years ago.This tells how long lasting the material is. They also have compactness of fibre, fine grain size, softness and silky smooth feel. Another particularity is that they consit of very thin fibres woven randomly and in high density at the same time, which gives stretchness to the material.

つくりも大事。

Art of making

一般的な革(牛、羊、馬など)で「伸びる」ことはあっても、通常の使用で「縮んで戻る」ことはあまりありません。鹿革の細い繊維はランダムに、高密度で絡み合っています。そのため、一度型崩れしたように見える製品も、形を整えて時間を置くとある程度形状が戻ることもあるのです。こうした特長のために、生産時は常に微妙な調整が必要となります。鹿革ならではの特殊な技法も用いながら、一つずつ形にしています。

In general, skins (of calf, sheep, horse) could be deformed in use. And once they are deformed, it is hadly possible to regain the shape of the origin. For deerskin it is quite different, thanks to its structure mentioned above. Thus an article made in deerskin could regain the shape, after shaping and setting. Such a “merit” of the material could become an obstacle in making, as during making procedure it continues alter its shape and size. For this reason making of deerskin articles requires more attention than those of other material, and we also applied particular techniques.

防汚移染処理について

Protection against staining and colour transfer

鞄工房山本では、鹿革本来の繊細な触り心地とキメの細かさを最大限に味わっていただくため、外側にはすべて素仕上げの鹿革を使用しています。とりわけ淡いトーンの色に関しては、汚れが気になる方がいらっしゃるかもしれません。そんな方にも不安なく鹿革製品をお持ちいただくため、当店では「防汚移染処理」をした製品をご用意しています〈商品代金に+1,080円(税込〉。
ご希望の方は、商品をカートに入れた後、オプションでお選びください。
「防汚移染処理」について詳しくは、アフターケアページをご覧ください。

We chose the finishing without (or with very little) pigmentation, to give more evidence in the merits of deerskin: silky smooth hand feel, high density of fibre. However, without pigmentation, on the other hand, the leather is completely unprotected. It could become stained or scratch marks might show quite easily, especially in lighter tones.
For customers who wish to be sure that their items would retain its original look for a long time, we recommend the treatment of “protection against staining and colour transfer”.
Charge for the protection is 1,080 yen (inclusive of VAT).
You can choose the option, after selecting an item and putting it in the cart, on the step three.
For more information on “protection against staining and colour transfer”, please read “After Care” page.

SPEC

細部にもこだわった革小物です

In the business scene, a soft impression

ORDER

ご購入はこちら

In the business scene, a soft impression

束入れ

●主素材:鹿革
●サイズ:縦90mm×横190mm×厚み15mm
●注意事項:
※天然皮革を使用しているため、同じ商品でも多少の個体差が生じます。特に鹿革は「素仕上げ」を採用しているため色に自然なムラが見られることもございます。個体差は、色に限らず、シボや血筋といった革特有の現象としても現れます。こうした特色は欠点ではなく、天然素材である革の味わいとしてご愛用いただければ幸いです(お客様がご使用のモニタなどの環境によっても、注文時のイメージと実際の商品と印象が異なる場合がございます)。
※皮革製品は素材の性質上、使用するうちに色落ちや色むらが生じる場合があります。また、摩擦や汗・雨などによる水濡れにより、衣類や他の素材へ色移りする恐れがございますので、十分にご注意ください。水分、油分、薬品、日光は皮革の色落ちや変色の原因となることがあります。特に水濡れは色のにじみや水ぶくれを引き起こしやすいため、ご注意ください。

  • 束入れ-赤銅色

    商品番号:TABAIRE - 61

    価格 38,880円 (税込)

  • 束入れ-憲法黒

    商品番号:TABAIRE - 99

    価格 38,880円 (税込)

  • 束入れ-焦がれ色

    商品番号:TABAIRE - 10

    価格 38,880円 (税込)

  • 束入れ-紺藍

    商品番号:TABAIRE - 41

    価格 38,880円 (税込)

  • 束入れ-黄金色

    商品番号:TABAIRE - 21

    価格 38,880円 (税込)

  • 束入れ-千歳緑

    商品番号:TABAIRE - 31

    価格 38,880円 (税込)

  • 束入れ-紫根

    商品番号:TABAIRE - 51

    価格 38,880円 (税込)

この商品のレビュー

レビューを投稿するにはログインしてください。

こちらの商品もオススメです

  • 束入れ(夢こうろ染) 64,800円

  • 束入れ(スリム・バイカラー) 31,320円