BLOG

鞄工房山本の革製品ブログ

鞄工房山本 おとな向けの仕事レザーバッグ
(その2:ビジネストートバッグ)

2019年6月3日(2020年10月8日更新)

トートバッグ

鞄工房山本 おとな向けの仕事レザーバッグ(その2:ビジネストートバッグ)

皆様こんにちは。
まだまだ続く鞄工房山本オリジナル、高級感ある牛革のビジネスバッグ特集。とにかく王子とわたくし二人がかりで連日やっておりますので皆様びっくりされているかもしれません。
というわけで、今日もやらせていただきます(笑)!

左手のリュックは2回ほどブログでご紹介しました。今回は右奥のトートバッグに突入します。

そんなに重くない、このレザートート

革素材のバッグは重い、というイメージや声はやはり多くあります。しかも、容量が大きくて品質の良いシッカリとした構造の作りならなおさら持つと重そう!
そして、容量あるバッグには「お言葉に甘えて!」の勢いでワンサカ荷物をいれてしまう。結果、「大リーガー養成バッグ」みたいなことに……!まあ、重くはなります。

実際量ると1.2kg以下なのです。個体差があるとは言え、3つ量っても全て1.14~1.17kgでした。これは優秀。めっちゃ軽量やん、とは申しませんが、そんなに重くないやん、とは言えます!
他のメーカーの同じくらいのサイズのトートを調べると1.3~1.4kgくらいのものが多いようでした。

「つぶしのきく」サイズ。大容量でも、大げさじゃない。

普段通勤に使用し、仕事に持って行ったら、あれ、今日は帰りにジムに行くの?それとも温泉?なんてきかれてしまうような「やたら大きい印象のバッグ」ではありません。
どちらかと言うと反対で、「普段持っているようなサイズのバッグだが一泊旅行にもいけそう」な男性にも女性にも使い勝手の良い、様々なシーンで幅広く活躍しそうないいヤツです。
数値でいうと
本体 幅 400 高さ310 奥行 120

上品で細部までこだわったスマートなフォルム。大きすぎるように見えない秘訣はマチを12cmに抑えたことでしょうか。それでもこの通り、床やテーブルの上でも自立し、a4サイズの書類はもちろん、いかついバインダーも入るこだわりの仕様です。(マグネットは閉まりません)

ここで色のご紹介

基本情報を忘れておりました。このトートも含めて、ご紹介するビジネスバッグ3型すべて3色展開です。
お色の種類は、3タイプ。

  • 「王道」ブラック×ブラック
  • 「第2の黒は、よりクール」ネイビー×ダークブラウン
  • 「意外と合わせやすい、魅惑の」ワイン×ダークブラウン

鞄工房山本ブランドの大人のBCシリーズは、シンプルなデザインとカラーでメンズ・レディース問わずユニセックスにお使いいただける人気の逸品。ビジネスシーンはもちろん、プライベートやどんなスタイルでも使える優れたトートバッグは、スーツだけでなくカジュアルなファッションにもぴったり。普段愛用されているお手持ちの腕時計や革小物、コートやジャケット、ネクタイなどに合わせて色合いを選ぶのもおしゃれでおすすめです。

ここまでやりました、ポケットの充実度

「ビジネス」バッグと謳っているからにはノートパソコン(13インチまで対応)やタブレットを収納するPCポケットは当然でしょう。

加えてボディの内側には

  • ファスナーポケット×1
  • 平ポケット×3
  • マチ付きポケット×2
  • 水筒(あるいはペットボトル、あるいは濡れていない折りたたみ傘)立て×2
  • スリットポケット×1
    という高い機能性を持った魅力的な内装。

スリットとはなんぞや!?
チャイナドレスの足元に入っている切れ込みをご想像ください。細い切れ込みのことです。

これがスマホやパスケースを入れるのに最適で便利。無駄がないデザインで目立たないのでバッグのシルエットに響かないところも◎。

とにかく、親切トートバッグなのです。

オープントートと思いきや……
ちゃんとファスナーでも閉まります!
そして閉めたままで傘やペットボトルの取り出しも可能。

ここまでやってしまいました。という親切さ。
参考になりましたでしょうか?
長く使い込むほどに光沢や味わいと雰囲気が出て、独特の経年変化(エイジング)も楽しめる注目のビジネストート。
早く沢山のお客様にお使いいただいて、感想をおききしたいです。

ではまた。次回は、ビジネスバッグ特集です!(笑)

鞄工房山本 二見

筆者プロフィール

名前:二見

大阪府出身 京都大学卒業 ヨーロッパで靴の仕事を12年間経験したのち帰国
バッグメーカーなどを経て2018年8月より現職
好きな文筆家は森鴎外、Albert Camus
好きなミュージシャンは Jimi Hendrix、Cream