BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

男性の皆様! 新色「桃色」で
ホワイトデーの準備を始めましょう

2019年02月15日

長財布

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

皆様、バレンタインデーの成果はいかがだったでしょうか。たくさんチョコレートを貰った方もいれば、一つの大切なチョコレートを貰った方もいるのでは。
だいぶ気が早いですが、貰ったらお返しです。「ホワイトデー」です!

前回も少し触れましたが、ホワイトデーは元々日本独自の文化です。アジア圏では真似している国もあるそうですが。意外と歴史は浅く、1978年からスタートしたようですね。

お菓子業界売上向上のための施策とか何かと言われるホワイトデーさんですが、大切な人にプレゼントできる一つのきっかけになるのだからそれはそれでいいんじゃないかなと思います。
はっ。お菓子業界の回し者じゃありませんよ、ましてや鞄業界の回し者でもありません。いや、それはあるか。

男性から女性へ、ホワイトデーには「桃色」の革製品を

今回は前回の新色紹介に引き続き、2月18日販売開始の新色「桃色」をご紹介します!

これまた甘そうなお色。ストロベリーチョコレートです。二見も申しておりました。

寝かせるとチョコレートに、立てると革製品になるアイテムが当店にはたくさんございます。

(手前から)

名刺入れ 15,000円(税別)
長財布(小銭入れ・スナップボタン付き) 36,000円(税別)
ブックカバー(文庫本) 15,000円(税別)

ピンクは主張が強く、並べるとインパクトがありますがなにか一つ持っていると可愛らしいですよ。

「胡桃色」に同じく外側の色、「桃色」

前回紹介した「胡桃色」は胡桃の皮や殻の色のことでした。実の色の呼び名は「ウォルナット」。
それと同じく、「桃色」も桃の外側のお色を指します。確かに桃の果肉はこんなにピンクじゃない!

桃の外側、すなわち皮? いいえ、桃色とは桃の花のお色です。

元は桃の花で染めた色を桃色と呼んだようですが、昨今は桃色というと桃の花の色に近いピンクを指します。
英名は「peach blossom」、桃の花の直訳です。「peach」という色名もありますが、こちらが桃の果肉の色の方ですね。

なんと偶然。同じタイミングで店頭に並ぶ桃色と胡桃色とで色名にまつわるお話がめちゃくちゃ似ていました。
なんだか嬉しくなったので2色並べましょう。

色の相性もバッチリです。

バレンタインにはチョコレート、ホワイトデーには?

日本のバレンタインプレゼントと言えばチョコレート。これは常識として定着しています。では、ホワイトデーのプレゼントって皆様、何を贈られますか?
これで私毎年迷っている気がします。毎年正しい答えに辿り着いている気がしませんが、それについても調べてみました。

そもそもホワイトデーの発端は「全国飴菓子工業協同組合」によると言われています。こんなサイトもありました。

ホワイトデー公式サイト | 全国飴菓子工業協同組合ホワイトデー委員会

全国飴菓子工業協同組合の皆様は「愛する人にチョコレートをプレゼント」のキャッチフレーズで世間に浸透したバレンタインデーに対して、「ホワイトデーはキャンデーの日」というフレーズを考案したようです。
ですので元々はキャンデーを贈る日にしたかったのでしょう。「ホワイトデー」ではなく「キャンデーの日」にしようという話もあったとか。英語にすると「キャンデーデー」。

ですが彼らの奮闘むなしく、その文化が根付くことはありませんでした。残念です。なんならキャンデーではなく革製品をホワイトデーのプレゼントに勧めている鞄工房山本です。
ということで皆様! 今年のホワイトデーはお返しに迷ったら革製品かキャンデーを贈りましょう! そうしましょう!

最後に甘いお色を集めました。焦がれ色のみ販売中。胡桃色、桃色は 2/18(月)より販売開始です。

(左から)

名刺入れ 胡桃色 15,000円(税別)
桃色
焦がれ色

これで二見のキラーパスは両方とも受け止められたでしょうか。

鞄工房山本 晴之

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学