BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

山本博多探訪~観光ではありません、
ランドセルと革製品の展示会~

2019年04月18日

長財布

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

先週末は博多までランドセルと革製品の展示会に行ってまいりました!
タイトルにも書いておりますが、決して観光で行ったのではございません! お仕事です。わざわざ最初に断っておくぐらい今回の記事前半では楽しんでおります。

博多で食を楽しむ

博多のご飯といえば博多とんこつラーメン、もつ鍋、明太子。この3つが真っ先に頭に浮かびます。
今回の出張では贅沢にすべてたいらげてきましたよ!

博多飯その1:博多とんこつラーメン

以前申したように私は麺類が好きです。

地方に行ったらそこのラーメンは必ずと言って良いほど食べます。今回はとんこつの本場、博多で2杯もいただいちゃいました。

博多一幸舎 総本店

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店

どちらのラーメンも博多とんこつらしく、とんこつの香りのパンチが効いていて非常に美味しかったです!
一幸舎は力強い味わいで、Shin-Shin は少しまろやかな味でした。ごちそうさまでした。

博多飯その2:もつ鍋

福岡の郷土料理、もつ鍋。もつ鍋の発祥も福岡ということはご存知でしたか? はじめは「ホルモン鍋」と呼ばれてすき焼き風に食べられていたそうです。

もつ鍋 笑楽 福岡本店

博多のもつ鍋はもつが多い! お腹いっぱいになりながらいただきました。ごちそうさまでした。

博多飯その3:明太子

福岡県民は普段明太子をあまり食べないということを地元の方から聞いて驚きましたが、私は他県民。しっかりといただきました。
ちなみに一幸舎のラーメンのうしろにあるのは明太子ご飯。1明太子!

食べにやってきたのは中洲の屋台通り。初めて来ることができました。

どのお店もいっぱいでしたが通りがけにタイミングよく席が空いたお店が。入店し、そちらで焼き明太子をいただきました。2明太子!

粒がしっかりプチプチしています。屋台で食べる雰囲気も相まって2倍美味しい。

帰りにお土産の明太子と明太子の駅弁を買って一気に4明太子!

ごちそうさまでした。

博多で展示会を楽しむ

どうですか、皆様の予想以上に楽しんでしまっていたかと思います。
ですがしっかりと博多の皆様には展示会を楽しんでいただきました!

こちら入場すぐの様子。
時間帯によってご覧のようにたくさんの方がお越しくださって賑やかになったり、比較的落ち着いて見ていただいたりすることができました。

また、先週からランドセルの販売を開始しております。
展示会場でもランドセルのご注文を受け付けております! 実際に背負ってみて満足いただけるランドセルがございましたらお気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。

博多弁に和みました

今回の展示会、スタッフは終始和みながら展示会を開催することができました。
その理由はズバリ「方言」です。
博多弁ってかわいらしいですよね。「~けん」とか「~っと」とか。
かわいらしいお子様方がかわいらしい博多弁を使われることでめちゃくちゃ和んでいたのです。

聞き慣れない言葉もありました。
ランドセルの展示会ではめちゃくちゃ良く使う言葉なので、ニュアンスから意味はすぐに分かりましたが、初めて聞いたときは頭に「?」。

お子様「このランドセルからってみる!」
お母様お父様「次はこっちからってみて!」
私(「からう」とはなんぞや。)

察しの良い方はおわかりでしょうか。
「からう」とは「背負う」という意味。
私たちは「背負う」がなまって「しょう」と言うことがありますが、それは逆に九州では通じない可能性があるみたく。方言っておもしろい。

テレビ西日本に取材していただきました

テレビ西日本で生放送されている福岡県の情報番組「ももち浜ストア」で取り上げていただけるようで、14日にはお笑いコンビ、パラシュート部隊の矢野ぺぺさんがロケでお越しくださいました!

放送は4月22日月曜日、ご覧になれる方は是非見てください! 私もテレビデビューできるかなぁ。

取材でもそうですが、「奈良県の工房が博多まで来てくれるなんて!」とお客様からよく嬉しいお声をいただきました。ありがとうございます。
ですがそれはこちらからもぜひお礼を申したいところでありまして。

九州の方であまり知られていないであろう私たち鞄工房山本の展示会にわざわざお越しいただき、本当にありがとうございます。
「もう来てくれるのは今年最後ですよね?」と言ってくださるお客様もおられ、非常に申し訳ないながらも嬉しい気持ちになりました。
今年はもう行けないかもしれませんが、ぜひとも来年以降も引き続きお邪魔したい! 温かい土地で展示会を開催することができて本当に幸せでした。

まだまだ鞄工房山本の展示会は続きます。まだお会いできていない方々、もうしばらくお待ちくださいませ!

鞄工房山本 晴之

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学