BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

Deer, dear, dearer, dearest。
Mother たちに母の日プレゼントラッピング

2019年04月23日

長財布

5月19日にせまる母の日に向け、前回のブログでは黄金色の鹿革ブックカバーとともに歴史本をおすすめしました。

ところが、わたくし大事なことが抜けておりました。
やはり、大切なイベントにはそれに合わせたラッピングをしたいもの。鹿革製品にオリジナルでおつけしている色鹿カードだけでなく、これまでも

  • お誕生日カード
  • バレンタイン
  • ホワイトデー
  • 還暦のお祝い

に合わせたカードを作ってきました。こうやってみると、なんだかいつも“Happy”と書いていて恥ずかしい。きゃっ。

忘れちゃいけない母の日カード。まずは、日本の「母」のイメージとは

さて、鹿カードはいつもイラストなので、まずは日本人が抱いている「母・オカン・ママ・mother」のイメージをイラスト(というか早い話がマンガ)で考えてみました。

いちばん有名なのってこのあたりでしょうか。

しかし、50歳位という年齢設定らしいですが、今の巷の人と比べると老けてるよなあ。割烹着やし。毎日着物着て、偉いですよね。
いつも落ち着いていて優しい、というところで支持されているようです。

「優しいけど叱るときはちゃんと叱る人」でいうともうひとり、

さらに若い世代では

アニメで動いているのを見ていると、とくに何も思わないのですが、こうして描き直すとすごいヘアスタイルです。

おっと、超メジャーな人を忘れていました。

もちろんネットで画像を探して鉛筆でスケッチしたわけですが、この方はかなり頻繁に怒っておられるようです。笑顔を探すのに若干手間取りました。そして、ママ友たちも

この方なんてにこやかな顔の画像が皆無だったので、息子さんの画像とモンタージュで描きました。息子さんにプロレス技をかけている画像ならあったんですけど。子育てって大変ですね。

もうひとりのママ友は割とハッピーなお顔も多い。と言うよりもめっちゃ笑ってます。

せっかくの母の日特集なので、皆様に笑顔でご登場いただきました。あ、もうひとり大物を。大物と言うか、実際かなり大柄なのです。

いい笑顔ですね!
他の方たちと比べるとずいぶん寡黙なのは、海外から来られて日本語が苦手なせいかもしれません。

ついに決定、母の日鹿カード

う~む。どうしましょう。なにも決まりません。というよりもこれでは脱線しているだけではないか(汗)。

これは、「鹿=母」の想定をするよりも、鹿がプレゼントをあげる方に考え方をかえてみましょう。

なあんだ、さらっとそれらしいのが出来たじゃないですか。
鹿の色は、胡桃色にしました。おとなっぽいピンクベージュで、女性に受けそうです。

安心したところで更に脱線。
皆様、これはなんでしょう。

なんか角張ってる(かくばってる)!と思われた方、いい線いってますよ!
じゃこれは何でしょう。

角張っている鹿が、2頭並んでいます。

答えは
かくかくしかじか

です!フフッ。

最近ブログの文章がどんどん長くなっていたので、たまには画像中心、こんなお気楽な回もいかがでしょうか。
楽しんでいただけたのなら幸いです!

鞄工房山本 二見

筆者プロフィール

名前:二見

大阪府出身 京都大学卒業 ヨーロッパで靴の仕事を12年間経験したのち帰国
バッグメーカーなどを経て2018年8月より現職
好きな文筆家は森鴎外、Albert Camus
好きなミュージシャンは Jimi Hendrix、Cream