BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

奈良の熱くて涼やかな夏

2019年8月1日

その他

皆様こんにちは。

あっ
と言う間に7月が終わり、8月突入。
どうりでちょっと暑いと思いました。

8月といえば、お盆やお祭り、帰省で実家に家族が集まる時期でもあります。
本日は、8月にある奈良のイベントをご紹介します。お出かけのネタ探しのご参考まで。

そのうちいくつか実際に取材に行きたいとは思っておりますが、ぎっくり腰やなんやかんやでどうなりますやら。

カテゴリー別のリストです。念の為にお伝えしておきますと、このリストに書かれているイベントは奈良県下で予定されているイベントのほんの一部です。きっと面白い、素敵なイベントがたくさんリストから漏れてしまっています。ご了承下さい。そして、「もっとこんなんあるで!」と言う奈良県下の方々はぜひご教示下さい。

奈良の8月のイベントその1:灯すやつ

お盆とあって、ご先祖様を懐かしむイベント。というと大層にきこえますか。身近で大好きで、残念ながらもう会えなくなった人のことでいいのですよ。

なら燈花会(とうかえ)

@奈良公園一帯
(春日野園地、浮見堂と鷺池、猿沢池と五十二段、浅茅ヶ原、奈良国立博物館、興福寺、奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~、浮雲園地)

日程:2019年8月5日(月)~2019年8月14日(水)(点灯時間 19:00~21:45)

画像は昨年行ったときのものです。野外コンサートなどもあり、混雑具合も程々で良かったです。
そして、点灯するのはボランティアの方々が手作業(当たり前といえばそうなのですが)ととのことで、大変やな―と。

なら燈花会公式サイト

中元万燈籠(ちゅうげんまんとうろう)

春日大社では燈花会の最終日からもう一つ、灯すイベントが行われます。

境内に3000にも及ぶ燈籠が並ぶ。
日程:2019年8月14日(水) ~ 2019年8月15日(木) (19:00~21:30)

春日大社公式サイト

盂蘭盆会うらぼんえ

法隆寺でも灯すイベントが。

日程:2019年8月14日(水) (15:00~)
@法隆寺律学院

法隆寺公式サイト

うらぼんえ、って不思議な響きですね。仏教に関係した言葉って読むことすらできないことが多い。この言葉はしかも、サンスクリット語由来説、イラン由来説、とあり、決着がついていないらしい。うーん、エキゾチック。

灯す、と一言で言ってもシンプルなロウソクなのか、ランタンなのか、並べ方によっても全くの別物になりそうです。西大寺では線的に並べるようです。

興正菩薩忌 (こうしょうぼさつき)

西大寺の灯すイベントです。
日程:2019年8月25日(日)
Wikipediaさまによると、興正菩薩とは叡尊(えいそん、えいぞん、建仁元年〈1201年〉 - 正応3年8月25日〈1290年9月29日〉)の謚号。鎌倉時代中期の日本の人物で、真言律宗の僧。字は思円(しえん)。興福寺の学僧・慶玄の子で、大和国添上郡箕田里(現・奈良県大和郡山市内)の生まれ。廃れかけていた戒律を復興し、衰退していた勝宝山西大寺(南都西大寺)を再興したことで知られる。

その興正菩薩の年一度の忌日法要では、午後から参拝者に講話を行い、夕方から奥の院の興正菩薩五輪塔に数千の灯明をともして法要を行います。

西大寺公式サイト

奈良の8月のイベントその2:すくうやつ

これは面白そうです。鞄工房山本のランドセルブログでも以前取り上げていました。

第25回全国金魚すくい選手権大会

今年も郡山のお堀にバーンと垂れ幕(看板?)がでています。日時とか書いていないところがまたのどかで好きです。

今年の全国大会は 8月18日(日)、午前8:30開場です。
場所は〈金魚スクエア〉。ちなみに8月第3日曜日は『金魚すくいの日』。

大和郡山市は日本で有数の金魚の生産地、あれ、なんかヘン。養殖地?育成地……?なのです。
毎年開催されているこの大会は、「選手権」という名に違わず全国で予選(!)を勝ち抜いた人々が優勝を目指して戦います。

金魚を愛でるという風流な文化と、白熱するスポーツ競技が一緒になっているところが面白いですね。

大会公式サイトではルールも説明されており、面白いのがポイ(あの、すくう道具)を選手の方は必死に選定して、選定にも1分という制限時間が設けられていること。

この真剣さです。

金魚の赤というかオレンジって、ほんとにいい色ですよね。そういえば私の七五三の着物の色はこの色でした。

その割には、日本の色名としては存在しないのが不思議です。
まあ、子どもならともかく「『金魚色』の着物をきた凄みのある美女」とか書くとプッと笑ってしまいますよね。

競技ルール掲載の全国金魚すくい選手権大会サイト(奈良県大和郡山市公式)

奈良の8月のイベントその3:うちあげるのん

あくまで印象だけなのですが、奈良県には花火イベントが多い気がします。大規模なもの、割とこじんまりしたもの、規模のばらつきがあるとは言え、やたら数が多いかも。

背景が高すぎない山というのも、また良いのかもしれません。空も広いので、花火の打ち上げ甲斐があるということか。

わたしは奈良の花火を見に行ったことがないので、これは「よそのん」です。すみません!

8月の奈良喧嘩の花火大会を、一応日付順に並べてみます。

2019年8月4日(日)

・第62回宇陀市はいばら花火大会 第5回全国花火まほろば競技会 (宇陀市)

@宇陀川河畔水田地帯 19:30~
4000発 は、奈良最大規模。 有料観覧席もあるそうです。花火競技会も開催!って、どんなんでしょう!

公式サイト

2019年8月10日(土)

・第15回 大淀町花火大会
@大淀町下渕商店街・千石橋上流河川敷 2000発

2019年8月14日(水)

・2019 曽爾村ぬるべの郷夏まつり(15:00~20:30 ※花火は20:00~20:30)
@曽爾村ふれあいホール周辺

公式サイト

2019年8月15日(木)

  • あすかふるさと夏まつり2019

    @(国営飛鳥歴史公園 石舞台地区)(17:00~21:00予定)
    本舎にチラシが置いてあったのをみたら、仮面ライダージオウ ショーもあるそうです。
    ライダーさんも見る人も熱中症対策をお忘れなく!

  • 第48回吉野川祭り 納涼花火大会 (吉野川(五條市流域))
    @吉野川大川橋上流側河川敷(五條市五條) (14:00~21:00 花火は20:00~21:00)
    有料席あり
    日本の花火文化の礎となった花火師「鍵屋弥兵衛」が花火造りを始めたとされる吉野川のほとりで、音楽に合わせてレーザー光線と4000発の花火で夏の夜空が彩られます。

    なんと。奈良に花火大会が多い(気がする)のは偶然ではなかったようです。

  • 下北山村夏祭り (下北山スポーツ公園)
    @下北山村スポーツ公園 700発(18:00~ 花火は20:30~21:00)

2019年8月18日(日)

・第10回安堵町ふれあい盆踊り大会
(荒天の場合、翌日8月19日(月)に順延)
@安堵中央公園多目的広場
浴衣の着付けサービスもあるそうです。なんだか素敵な企画ですね。

安堵町公式サイト

2019年8月22日(木)

・地蔵盆花火
@霊山寺 霊園広場 20:00~
「花火は精霊を慰めるためのもの。ご先祖やお地蔵さまと共に夏の夜をお過ごしください。」とWebサイトに記載あり。そうだったのですね。不勉強ですみません。
霊山寺(りょうせんじ)、行ったことがないお寺です。バラ園もあるらしい。行くべきところがたくさんありますね。

霊山寺公式サイト

花火に関して言うと、15日に集中しているので、さすがに全部行くのは無理です!

奈良の8月のイベントその4:涼しいところで目の保養

個人的に一番のオススメです。インドア派なので。

企画展富本憲吉入門ー彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか (奈良県立美術館)

しまった、奈良って意外と美術館が少ないですね。ホテルだけじゃなく、美術館作ってほしいなあ。
神社仏閣がいっぱいあるからとくに欲していないのだろうか。それもエコでいいですが。

奈良県立美術館公式 Facebook

美術じゃないですが、こんなのもあります。私は脚が4本を超えると全部コワイので見に行けませんが。
平城宮跡の夏 日本のクワガタ展
開催期間 2019年8月1日(木) ~ 2019年9月1日(日)
開催場所 平城宮いざない館

平城宮跡歴史公園公式サイト

こわいー

というわけで、納涼で締めくくりました。

暑いのも、涼しいのも皆様楽しくお過ごしください。

鞄工房山本 二見

筆者プロフィール

名前:二見

大阪府出身 京都大学卒業 ヨーロッパで靴の仕事を12年間経験したのち帰国
バッグメーカーなどを経て2018年8月より現職
好きな文筆家は森鴎外、Albert Camus
好きなミュージシャンは Jimi Hendrix、Cream