BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

カラーバリエーション豊富な名刺入れから
おしゃれな「薄藤色」を!

2019年1月30日

名刺入れ

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

私がブログを書き始めて本日で丁度1ヶ月になりました。始まりは「皆様に少しでも多くの情報を伝えるために」という思いからでしたが、二見と分担してブログを書いている毎日を思い返すと、今は何よりも自分のためになっているということに気がつきました。
ブログを書くために自然と革や色について学ぶ機会が増え、お付き合いのある革屋さんや染色作家さんとお話しすることも多くなりました。その知識や人との繋がりは、必ず私自身の今後に必要になることでしょう。だからこそ今まで以上に内容の濃いブログを書き、鞄工房山本との繋がりを持ってくださっている皆様にお届けしていきたいと思います。ですので、今後もよろしくお願いします!

「紫根」よりも薄い紫、「薄藤色」

気合いが入ったところで、今回、私からは久しぶりに色のご紹介です。
14色(1月30日現在)のカラーバリエーションの中でも一際おしゃれな&私のイチオシ「薄藤色(うすふじいろ)」の登場です!

長財布(小銭入れ・スナップボタン付き) 36,000円(税別)
ブックカバー(文庫本) 15,000円(税別)
名刺入れ 15,000円(税別)

以前紹介した「紫根」よりもだいぶ控えめな紫色、「薄藤色」とは読んで字のごとく、薄い「藤色」ですね。
「藤色」自体は我々のカラーラインナップには含まれていませんが、藤色も同じく日本の伝統色で、藤の花由来の淡い青みのある紫色です。藤色は女性の着物の色として人気で、藤色から派生した色を列挙すると、

  • 薄藤色
  • 淡藤色
  • 紅藤
  • 藤紫
  • 藤納戸
  • 藤鼠
  • 藤煤竹

などとその数は多く、深く愛されてきたことがわかります。
ちなみに淡藤色は「うすふじいろ」と読み、読み方は同じですが「薄藤色」よりもさらに薄い色合いの別の色です。「あわふじいろ」とも読めますので、ややこしい時はこちらを使いましょう。

英名は「wisteria」、そのまんま植物の藤を表します。名前も色も上品さ漂う薄藤色、これ一色だけでも十分主役になり得ますが、他の色を引き立てることもできる万能なお色です。

名刺入れをモデルに、薄藤色の色合わせ

全9パターンのバイカラー名刺入れの中で、薄藤色が使われているのはなんと3パターン。これは「紺藍」と並び最多です(紺藍のパターンは「紺藍 × 黄金」と「黄金 × 紺藍」のように対になっているものがあるため、それぞれ異なる色と合わせているのは薄藤色が最多)。

全パターンが気になる方は下の記事をクリック!

そんな他の色からモテモテの薄藤色のカラーパターンを見ていきましょう。

赤銅色 × 薄藤色

上の記事でも紹介していますが、この組合せは「晴之の超個人的・名刺入れ(バイカラー)ランキング」堂々の第1位です!
一見メンズっぽく見える「赤銅色」の名刺入れですが、それを開くと一転、「薄藤色」が華やかに魅せます。そのギャップというか、色のコントラストが渋い。和装の方には是非とも持っていただきたい一品です。私はまだ若輩者なので、早くこの色合いが似合う大人になりたいところです。

若葉色 × 薄藤色

全体的に明るい色合わせですが、元気すぎないのは鹿革独特の風合いからでしょうか。名刺入れを持ち始める新社会人の方にはうってつけの色合いかもしれません。
若葉色」でその名の通りフレッシュな印象を与えたあと、自己紹介で名刺入れを開くと「薄藤色」が落ち着いた雰囲気を演出。「デキる新人」に見られること間違いなしです! これで見た目も中身も一目置かれる社会人の仲間入りですね!

薄藤色 × 菜の花色

以上2つはどちらも薄藤色がサブカラーでした。最後にお見せするのは薄藤色が主役、メインカラーです!

やたらとシボが渋い写真になりました。引き立て役は「菜の花色」。紫色と黄色の組合せというとパンジーが思い浮かびます。単体では主張が少し強い菜の花色ですが、そこはモテモテの薄藤色。大きな包容力で包み込みました。

実はパステルカラー同士を組合せるのってなかなか難しいのです。残念ながらお蔵入りになった色合わせもいくつか……
そんなハードルをものともしない薄藤色に拍手! パチパチパチパチ。

名刺入れ(バイカラー) 赤銅色 × 薄藤色 各12,000円(税別)
若葉色 × 薄藤色
薄藤色 × 菜の花色

本日は私のイチオシの色、「薄藤色」をご紹介しました。
イチオシといってもどの色もかっこよくてかわいくて、悩み抜いた末のイチオシです。まだまだご紹介したい色はたくさんあるのでお楽しみに!

鞄工房山本 晴之

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学