BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

2020年ラッキーカラー特集!
 サブカラーのブルーにはブックカバーを

2020年1月23日

ブックカバー

皆さまこんにちは、鞄工房山本の晴之です。

2020年のラッキーカラーもいよいよ最後の1色となりました。今回ご紹介するのはサブラッキーカラー「ブルー」! そもそもラッキーカラーにメインとサブがあったことを知りませんでした。
サブラッキーカラーとは、他のラッキーカラーと合わせて持つことで、さらなる効果に期待できるカラーのようです。鞄工房山本のブルーと言えば「紺藍」と「空色」! 風水の効果と一緒にこちらの2色を見ていきましょう!

嫌なことを水に流してくれるブルー

ブルーのイメージといえば水。すなわち、冷静、浄化、精算を意味します。自分の周囲の問題を洗い流してくれるのがブルーの特徴です。自分自身の回りを取り巻く問題に対してだけでなく、自分が心に秘めている後悔や不安などの心配事もまとめて精算してくれるようですよ。
そこからの仕事運アップも見込めるので、今の仕事に見切りをつけて、新たな一歩を生み出したい時には最適なカラーではないえしょうか!

ちなみに、ブルーの財布はよく「水でお金が流れる」からNG! ということをよく聞きますが、風水的には実は逆なんです。先ほども申したように、青は浄化の効果を持っています。悪い運を浄化してお金が入ってきやすくしてくれるようです。特に! 水色などの薄い青色ほどその効果は強いみたいですよ。鞄工房山本のカラーで言うと、紺藍よりも空色かしら。

ところで、ブルーはサブラッキーカラーなので、せっかくならグリーン、茶、ゴールドのいずれかと合わせて持ち歩きたいところ。ということで、ブルーにはこちらのレザーグッズをおすすめいたします!

ブックカバー 紺藍 15,000円(税別)
空色 15,000円(税別)

他のラッキーカラーでお財布や名刺入れを持っていても、ブックカバーならほとんどいつも持ち歩いているはず。いつも持ち運べて他の小物と合わせやすい、ということでこちらのアイテムを選びました!

ちなみにこれらの名刺入れもラッキーカラーコーディネートとして、アリかもしれません。

名刺入れ
(バイカラー)
焦がれ色 × 紺藍 12,000円(税別)
黄金色 × 紺藍 12,000円(税別)

バイカラーのサブカラーに紺藍を取り入れました。メインには茶「焦がれ色」もしくはゴールド「黄金色」。1アイテムで今年のラッキーカラーを表すパターンです。

1月21日のラッキーカラーは「空色」

さらに! ついこの間、1月21日のラッキーカラーは「空色」です! 新年改めてラッキーカラーの革製品を用意するなら、おあつらえむきではありませんか。
ちなみにその色言葉は「感性、可能性、芸術性」。パーソナリティは「美しいものを感じとる才能」。こんな知的なカラーにはやっぱりブックカバーが合っている気がしますね……

そんなことを言っておきながら、昨年4月のブログ記事では空色で名刺入れをおすすめしておりました。人間、タイミングによって考え方は変わるものですね。

なにはともあれ! 2020年のラッキーカラーは「グリーン」、「茶」、「ゴールド」、そしてサブカラーの「ブルー」でした! すべてをコーディネートに取り入れるのはいささか欲張り過ぎる気がするので、どれか一色だsけでもチャレンジしてみたいですね! そんなときは是非鞄工房山本の革製品をお試しください!
そして次回はラッキーカラー番外編。今の令和時代を彩るラッキーカラーって何色か、皆さまご存知ですか? ご期待ください!

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学