BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

12月3日生まれの方、お誕生日おめでとうどざいます。
赤銅色はお好きですか

2019年12月3日

その他

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

12月3日、暦の上では二十四節気「小雪(しょうせつ)」、七十二候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」となりました。
積もりはしないが雪が降りはじめる頃。橘の実も黄色く色づく季節です。永遠を象徴する植物であり、不老不死の実だと言われたこともあったそうです。

ところで! 1、2、3とテンポの良い本日12月3日が誕生日の方、おめでとうございます! 12月3日のバースデーカラーが「赤銅色」に似た「栗梅」ということで、本日は赤銅色特集です!

赤銅色の色言葉とパーソナリティ

以前も12月3日のバースデーカラー、赤銅色に似た栗梅についてまとめておりましたのでさらっとおさらいしておきましょう。
あ、ちなみにバースデーカラー366色の中に「赤銅色」という項目が存在しないため、色の似ている「栗梅」をピックアップしております!

その色言葉は「本質、実践、実績」。パーソナリティは「空想にふけるより実践する人」。行動力あふれる姿がイメージできます!

さて、赤銅色は、色鮮やかな鹿革18色の中でもとくに人気なお色。老若男女問わず、誰でも気軽に持てるところに皆様惹かれるのかも。現在の赤銅色のアイテムを並べてみるとこんな感じです。

(左上から)

名刺入れ 赤銅色 15,000円(税別)
名刺入れ(バイカラー) 赤銅色 × 薄藤色 12,000円(税別)
束入れ 赤銅色 36,000円(税別)
ラウンドファスナー
長財布
39,000円(税別)
束入れ
(スリム・バイカラー)
赤銅色 × 焦がれ色 29,000円(税別)
ブックカバー 赤銅色 15,000円(税別)
コインポーチ 5,900円(税別)
L ファスナー小銭入れ 15,000円(税別)
長財布
(小銭入れ付き)
36,000円(税別)

なんと鹿革小物全商品が揃いました!
でもこうして見ると、ひとつひとつ違う赤銅色なのがわかりますね。その違いが生じるのは自然由来の証。顔料を使わずに素仕上げで仕上げているため、革一枚一枚の個性が現れるんですね。

当ブログで何回も同じことを書いているかと思いますが、中でも私のお気に入りは赤銅色 × 薄藤色のバイカラー名刺入れ! 何回も書いてしまうほどお気に入りの色合わせなのです。
配色のバランスがものすごく良くないですか! サイズ感も手のひらサイズで色合い含めて可愛らしいのです。

赤銅色のそっくりさん、栗梅

色ごとに定められている RGB をもとに赤銅色と栗梅を比べてみるとこんな感じです。
どうです、似ていませんか。赤銅色の方が少し明るく、赤みも強い感じですね。

この栗梅とは、「栗色の梅染」の略なんですって。「梅染」は、紅梅の樹皮や根を煎じた汁を用いた染色のこと。室町時代からある染色技法で、「加賀染」とも呼ばれます。なんとなく聞いたことがありませんか?

赤銅色も栗梅も茶色みがかった赤色、英語で言うと最近流行りの「バーガンディ(Burgundy)」がイメージしやすいかもしれませんね。

鞄工房山本の新商品をチラ見せ!

ふとデスクの上を見ると、現在サンプル段階の新商品が目に留まりました。何かはまだ言えませんが、そのサンプルに使っている鹿革の色は赤銅色。
……せっかく赤銅色の記事を書いているのですから、少しだけそれをお見せしちゃいましょう!
どうぞ!

さて、何かお分かりでしょうか。ヒントを見せすぎてしまったかもしれません。
年明けには全貌をお見せできるかと思いますので、もうしばらくお待ちください!

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学