BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

紅葉しないけど美しい、
奈良県秋のバラまつりと菊花展

2019年11月4日

その他

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

11月になりました! この調子だと年末までもうすぐですよ。平成と令和を跨いだ2019年もあと2か月なのか。

さて、10月の頭には気候も涼しくなってきていたので、奈良県内のおすすめ紅葉スポットを紹介しました!

秋のお花といえばモミジなどの紅葉を真っ先に思い浮かべられる方が多いかと思いますが、もちろんそれだけではありません。本日は、奈良県内、しかも鞄工房山本奈良本店の近くで見られる紅葉以外の素敵スポットをお送りします!
例年とは違う秋の楽しみ方かもしれませんが、美しさは負けません。一風変わった秋、鞄工房山本にお越しの際に体験してまいりませんか?

おふさ観音のバラまつり

おふさ観音を覚えていらっしゃいますか?
夏の「風鈴まつり」で訪れた元気が出るお寺、おふさ観音です!

鞄工房山本から歩くとちょっと遠すぎますが、車では10分ほど。駐車場も数台分は用意があるようです。
そんなおふさ観音で現在開かれているのが「バラまつり」です。こちらの行事は毎年春と秋に開催されますが、今がちょうど秋のバラまつりの時期なんですね。

このバラまつりは1995年から毎年開催されています。始めた理由は相変わらず、人々の身近に寄り添い、元気を与えるお寺であるため。
バラの美しい姿とかぐわしい香りはおふさ観音のモットーにぴったりなのです。

栽培されているバラは実におよそ4000株。しかし驚くべきはその株数ではなく、種類の多さなのです。なんと、3800種ものバラを栽培しているんですって! バラにそんな多くの種類があったのかということも驚きですが、基本的には1種類のバラは1株しか栽培していないんですね。
お世話も大変でしょうに、ありがたいことです。

下に地図とおふさ観音の Web サイトを載せておきます。ご参照ください。

おふさ観音

そういえばついこの間、おふさ観音の近くを歩いていたところ3人組のマダムにおふさ観音への道を尋ねられました。昔の記憶を頼りに道案内したのですが、この地図を見るとなかなか遠回りをさせてしまっていたようです。
マダム、申し訳ございませんでした。方向音痴ですみません。彼女たちは無事バラまつりにたどり着けたのでしょうか……

おふさ観音のバラまつりは11月いっぱい開催中!
私もまだ行っておりませんので、写真がなくてすみません! バラの美しさはその目と鼻でお確かめください!

橿原神宮の菊花展

奈良県内では有名なんですが、他府県で口にするとポカンとされる神社、橿原神宮
そこでも秋のお花の催しは行われます。それは「橿原菊花展」、菊の展示会です!

おふさ観音のバラまつりのように、神宮内で育てられた菊ではなく、各地の菊花愛好家さんたちが橿原神宮内でこぞって展示するようですね。
部門ごとで競うこともあるらしく、なかなか見応えがありそうです。
展示期間は11月23日まで。お見逃しのございませんように!

そして橿原神宮へは電車でも車でもアクセス可能です! 下の地図と、Web サイトをご覧ください。

橿原神宮

如意輪寺の菊まつり

鞄工房山本近くではございませんが、奈良県にもう1軒、バラを見られるお寺がありました。それは吉野にございます浄土宗のお寺「如意輪寺(にょいりんじ)」。

11月22日ご生誕の後醍醐天皇をお祝いすべく、本日11月1日より22日まで菊まつりが開催されます。期間中は天皇ご自作の木造が安置されている御霊殿も開帳されるようですよ。

吉野ということでアクセスは少し不便! お車での参拝をおすすめします。最寄りの吉野駅から歩いて40分ほどかかるので……

浄土宗 如意輪寺

このように! 紅葉でなくとも秋の奈良は見所がいっぱいです! もちろん以前紹介した紅葉スポットもいいあんばいに色づいていることでしょう。
是非、奈良県まで遊びに来てくださいませ! そしてお越しの際は鞄工房山本奈良本店へのお立ち寄りをお忘れなく!

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学