BLOG

鞄工房山本の革製品ブログ

十五夜のお月見を鞄工房山本の
鹿革製品で表してみる

2019年9月13日

名刺入れ

十五夜のお月見を鞄工房山本の鹿革名刺入れで表してみる

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

本日2019年9月13日。
最近、落ち着いてきていた暑さがぶり返してまた夏がやってくるのかと思いましたが、それも少しずつおさまってきましたね。とくに朝晩はだいぶと過ごしやすくなりました。
そんな時にタイミングよく中秋の名月、十五夜がやってきました。

中秋の名月と十五夜

そもそも「中秋の名月」や「十五夜」とは何なのでしょうか。

旧暦では新月を毎月の1日としていました。そこから数えて15日目が大体満月になっていたため、その日を「十五夜」と呼んでいたのです。つまり、毎月十五夜はあるんですね。
ですが、ほとんどの場合「十五夜」と言うと「中秋の名月」を指します。「中秋」とは旧暦の秋の真ん中、旧暦では秋は7月から9月なので8月ですね。そして「中秋の名月」は中秋に見える満月のこと。
秋は空気が澄み渡り、この時期に見える満月が一際美しく見えるので特別にこう呼んだのです。そして旧暦を新暦とした時、さらに今年で考えると中秋の名月は本日9月13日にあたるのです。

満月とススキとお月見団子

ということで、もちろん今夜はお月見をするとして、そのお供であるススキやお月見団子にも意味がある事をご存知でしたか?
せっかくお月見をするならその意味もわかった上で風流にいきましょう! イメージは鹿革でできた名刺入れでお送りします。

稲穂の代わりのススキ

ススキは「魔除け」と「依り代」の意味があります。

秋の七草でもあるススキは、昔から魔除けになると考えられていました。
さらにお月見が終わった後も家の軒先に吊るしておくと一年間病気にならないと言われています。

それに加えて月の神様を呼ぶための依り代としての効果もあるとか。でも本来は稲穂がその役割にふさわしいらしいのです。稲穂がこの時期にはまだ収穫できないため、ススキで代用しているんですって。
なんだか大丈夫かって思いますが、昔の人が決めたことですから大丈夫なんでしょう! イメージは稲穂といえば「黄金色」! 農家の皆様が無事にたわわに実った稲穂を収穫できることを祈っています!

今となっては主役のお月見団子

まあるいころころしたお月見団子。元々十五夜には穀物や豆類だけを供えていました。ですが江戸時代辺りから五穀豊穣の感謝を込め、お米でつくったお団子が供えられるようになったのです。それが今となってはお月見の主役になりましたね。

お月見団子といえば高く積まれているイメージがありますが、その形や個数にもきちんと意味があります。
丸い形はお月様に似ているから。そして十五夜なので、積むのは15個。ダジャレやないかい! 丸は感謝の気持を表すだとか、高く積むのは現世と霊界をつなぐとかの意味もあるそうです。

お月見団子をつくるときは、お米からできた粉でつくりましょう。イメージは「生成り」ですね。

うさぎが住むお月様

今夜、月を見上げるとそこにはうさぎが見えるかもしれません。
月の陰影がうさぎの姿に見えることから月にはうさぎが住むと言われていますが、実はこれは昔々から語り継がれる物語でもあるのです。

昔々、あるところにサルとキツネとウサギがいました。
3匹はある日、お腹を空かせて倒れている老人に出会いました。そんな老人を助けるためにそれぞれは食べ物を探しに行きます。
サルは山へ木の実を採りに、キツネは川へ魚を捕りに。2匹は老人に食べ物をあげることができましたが、ウサギは何もあげられませんでした。
ですがどうしても老人を助けたい心優しいウサギは、「私を食べてください!」と言って火の中に飛び込みます。
老人はいたく感動し、その姿を現しました。実は「帝釈天」という神様で、3匹の行いを試していたのです。ウサギをあわれみ、その慈悲深い行いを後世まで伝えなければならないと思った帝釈天はウサギを月に昇らせました。

そんな悲しいお話があったなんて。だから皆様、月を見上げる時にはそんなウサギのことを思い出してあげてくださいね。

それぞれの意味を知ることで、いつもとはちょっと違った気持ちでお月見ができるかもしれません。
それでは皆様、良いお月見を。

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学