BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

「ラウンドファスナー長財布」
の収納力に迫る!

2019年8月26日

長財布

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

以前、ご紹介した現在製造中の鹿革製「ラウンドファスナー長財布」。前の記事ではその収納力に迫りたかったのですが、外見だけでも魅力たっぷりだったために内側まで見ていくことは残念ながらできませんでした。

今回は前回の反省を活かし! 冒頭から内側をどんどん見ていこうと思います! いよいよその収納力に迫りましょう!

オールインワン派のためのラウンドファスナータイプ

束入れと小銭入れなど、お財布2つ持ちとラウンドファスナー長財布1つ持ちとの大きな違いはやっぱり小銭もお札もカードも1つのお財布に入れられること。すべてをひとまとめにして持ち運ぶことができ、しかも大容量というところにラウンドファスナー長財布の魅力はあります。

2つ持ちはおしゃれに、そして用途に合わせたお財布の持ち方ができますが、1つ持ちはシーン関わらず、それだけを持っていればどこにでも行ける! というところに強みがあるのです。
では、具体的にどれだけのものが入るのか、ラウンドファスナー長財布の中身を覗いてみましょう!

小銭入れとカードポケット

ファスナーを開けて、お財布をガバッと開いてまず目につくのは、中央の小銭入れ。

片側にマチが付いているので中を見渡しやすく、小銭もすぐに取り出せそうです。
また、小銭入れにファスナーが付いていないのもひとつのポイント。お財布を開けるのにファスナーを開けて、小銭入れを開けるのにもファスナーを開けて、2回もファスナーを開けるのはなかなか面倒じゃありませんか。そして、ファスナー付きの小銭入れに小銭を入れすぎると型崩れや破損の原因になりやすいですが、それも緩和されますよ。

カードポケットは全部で12枚分!

これが両サイドに。
カードの代わりになるアプリも増えてきているので、12枚もあれば十分かもしれません。でももし、13枚以上のカードを持つ時は1つのポケットに2枚以上のカードを重ねて入れないようにしましょう! そうするより、余裕のある全幅ポケットを使った方がお財布にも優しいですよ。全幅ポケットもたくさんありますから!

全幅ポケット≒お札入れ

そんな全幅ポケットは全部で4つもあります!

先ほどの写真、小銭入れとカードポケットの間 ×2と……

カードポケットの裏側に!

さすがに1万円札、5千円札、2千円札、千円札を区別してお財布に入れる方はいらっしゃらないかと思います。ましてや2千円札をお持ちの方は今でもいらっしゃるのか。

分けても5桁と4桁で、とかでしょうか。空いたスペースにはレシートを一時的に入れておいたり、先ほどの入り切らないカードを入れておいたり。
実はスマホも楽々入るサイズなのです! さすが大容量。前回、「小さなクラッチバッグ!」と形容していたのも伊達ではないのです。

小銭入れ付きの長財布と比べてみる

そういえばオールインワンな鹿革のお財布、当店にはもう1つございます。束入れと同じくスリムなタイプ、「長財布(小銭入れ付き)」くんです。

こちらの先輩と新入りのラウンドファスナー長財布くん、それぞれのいいところはどんなところか見てみましょう!

小銭入れはどちらもついていますが、容量はラウンドの方がファスナーが付いていない分大きそう。カードポケットの数、長財布は8枚、ラウンドは12枚と4枚分多いですね。全幅ポケットも長財布は3つ、ラウンドは4つと多めです。
容量の点から見ると、ラウンドファスナー長財布が良さそうです! スマホも入りますし。

では、ラウンドではない長財布の良いところは? それはスリムさ! スマートにジャケットのポケットやデニムのポケットに入れてお財布を持ち運びたいなら、ラウンドは少し大きすぎるでしょう。バイカラーのものなら革の使用量が少ないので、よりスリムにお持ちいただけますよ。

どのお財布が使いやすいかは人それぞれ。ファスナーを開けるのが面倒だと思う方がいれば、ファスナーが無いとどこか不安に感じる方もいらっしゃいます。
今まで使っていたお財布と同じタイプを使い続けるのも良し、思い切って違うタイプのものを使ってみるのも良しです!

そういえば、私がコインポーチと L ファスナー小銭入れ、どちらかを手に入れたいと言っていたお話が保留になっています。BC シリーズからトリフォールドウォレットが出たことでまた迷う要素が増えてしまいました。近日中にお財布も小銭入れもまとめて買い換えねば!

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学