BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

小銭入れを持つメリット
~財布と小銭入れのメンテナンス~

2019年06月28日

小銭入れ

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

前回は私が考える小銭入れの一番のメリットを紹介させていただきました! それは「財布を整理できる」ということ。実際に私の財布と小銭入れを例にとってご説明しようとしましたが、小銭入れを使っているはずの私の財布が実に汚い。これでは説得力がない、ということで、私の財布のお掃除に皆様にお付き合いいただきました! ありがとうございます!
だいぶ片付いてきたところで、財布と小銭入れの汚れまで気になってきました……ということで延長線! 本日は私の革小物に実際にメンテナンスを施しながら、皆様にその方法をご紹介いたします!
その前に、前回記事をまだお読みでない方はこちらからどうぞ!

革製品のクリーニングからプロテクションまで

革製品のお手入れをしたことがない方からすると、クリーニングやメンテナンスって敷居が高そうと思ってしまいますよね。そんな方にはぴったりのメンテナンス用品が香久山鞄店から発売中です!
それがこちらの「ユニタス・レザーケアキット」! このキット1つでクリーニングからメンテナンス、プロテクションまですべてが済んじゃいます! 私も個人的に使っております。

本来なら

  1. クリーナーか専門店の力を借りてのクリーニング
  2. クリームかオイルを使っての革への栄養補給
  3. 仕上げに防水スプレーでプロテクション

といった段階を踏みますが、このキットなら自分ひとりでそれらすべてを行えるのです! では、実際に私の財布と小銭入れをお手入れしていきましょう!

用意するもの

別に用意するものが少しだけございます。

キットの中には

  • クリーナー
  • クリーム
  • スポンジ
  • クリーム用クロス

が入っているので、別で準備するのは

  • ブラシ
  • 柔らかい布(汚れてもいいもの)

これだけ!

手入れ1 : ブラッシング

革製品用とうたっているブラシなら何でも構いません。他のものでも馬毛などの柔らかい毛を使用していれば OK!
隅から隅まで優しくホコリ、ゴミを取ってあげてください。力を入れすぎると革に傷がついてしまうので、サッサッと払うように。
特に! ステッチ部分や隅にはホコリがたまりやすいので念入りに。

今回は私気合い入っております。財布の中まで隅々ブラッシング! おりゃー!(優しくね)

手入れその2 : クリーニング

ブラッシングの次は灰色のラベル、「レザーソフトクリーナー」の出番です。付属のスポンジにクリーナーをたらし、スポンジを揉んで泡立ててください。

そしてこれをひと思いに塗りたくります! この時のポイントは、ブラッシングと同じくガシガシ強くこすらないこと。革を傷つけないように、必ずスポンジと革の間に泡がある状態で優しくこすり洗いしてください。自然と泡が汚れを浮かび上がらせてくれます。

そして乾く前に柔らかい布で拭き取って自然乾燥させましょう。

乾燥させている間に財布の方も。張り切って中まで洗いましたが、革を濡らすのってなかなかの背徳感ですね。

拭き残しがあったらシミになる恐れがあるので、拭き取りは乾いた布で念入りに。革の汚れがひどければ洗って乾燥、洗って乾燥を繰り返してください。
私は財布を洗っているとクリーナーの泡が黄色く変色するほど汚れていたので、3回ほど繰り返し洗いました。その後は次のクリームに備えてしっかり乾燥。

手入れその3 : メンテナンス&プロテクション

次に登場するのはオレンジのラベル、「レザープロテクションクリーム」とクリーム用クロスです。

このクリーム、実は革への栄養補給をしながら防水効果も保持させられる優れもの! 通常のクリームと防水スプレーの効果を同時に得られるのです! 便利!

塗り方はとっても簡単。クロスに少し染み込ませ、革に均一に塗り込むだけ。

財布も同様にヌリヌリ。大量につける必要はなく、表面がちょっと湿ったな、ぐらいがちょうどいいです。

塗りにくい隅などの塗り残しや、逆にクリームがたまってしまうことに注意しながら塗ってくださいね。
塗り終わったら仲良く自然乾燥させ、乾ききったら軽く乾拭きして完了です!

お手入れの頻度と適する革の種類

このメンテナンスキットをつくられているユニタスさんは、革製品を購入してそれを初めて使う前にまずプロテクション、使用し始めてからは基準として年に2~3回ほどのクリーニング、プロテクションを推奨されています。
その他のクリームを使用される際は、革製品が乾燥してカサついてきたぐらいがお手入れの頃合いです。

ところで今回、革のメンテナンス方法を紹介しましたが鞄工房山本の鹿革製品やブライドルレザーにはこちらのキットのご使用はおすすめできません。ご存知の通り鹿革は牛革に比べてシミが付きやすく、ブライドルレザーもヌメ革なので同じくシミが付きやすいからです。どちらも極力傷や汚れをつけないようにしていただき、もしも付いてしまった場合はそれらを味わいと捉えていただきたいです(BC シリーズの牛革部分はクローム鞣し、このメンテナンスキットをご使用いただけますよ)。
このブログをお読みいただいている方々は革製品がお好きな方が多いのだろうなと思い、このユニタス製レザーケアキットを紹介させていただいた次第です。ギフトにも使える小さなサイズもございますので、気に入っていただけましたら是非ともお買い求めくださいませ!

ということで、勢いに乗って革製品のお手入れまでしてしまいましたが、私が言いたかった小銭入れのメリットは伝わりましたでしょうか。メンテナンスはあまり小銭入れは関係ない気がしますが、本日を機会に私も小銭入れのメリットを存分に発揮したスマートな財布の使い方を心がけたいと思います! このスタイルを保ちつづけるために!

この機会に、今まで見なかった小銭入れを見てみてはいかがでしょうか!

鞄工房山本 晴之

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学