COIN PURSE

小銭入れ

ちょっとしたすぐそこまでの近所へ、というお出かけにぴったりな手のひらサイズのコンパクトな小銭入れ。
どんな鞄にも、小さな鞄にもすっぽりスマートに入るからこそ、荷物の多いアウトドアの時や鞄を変えた時にも忘れる心配がありません。
たまには肩の荷を下ろして心も荷物も身軽に。

小銭入れメインイメージ

束入れのお供として、はたまた小さなお財布として、ご自身の用途に合わせてお使いいただける鞄工房山本の鹿革製小銭入れ。革小物の中でも特別に小さいアイテムだからこそ、素材である鹿革の質感をその手で包み込むようにしてご実感いただけます。

メンズの方でもレディースの方でも扱っていただきやすいようにダークカラー、パステルカラー、両方とも全色をご用意しました。彩り豊富な全18色に加え、小銭入れならではのバイカラーパターンからもお選びいただけます。ご自宅、ご自分用としてはもちろん、大切な方のお誕生日や就職、昇進のお祝いギフトにもぴったりです。

そんな、赤ちゃんの肌のように柔らかな鹿の革からつくった小銭入れは2種類。1つは使い方によっては小銭入れにも小物入れにもなる、まるくてかわいい「コインポーチ」。もう1つはカードも入って収納力抜群、ミニマリストに人気のミニ財布としてもお使いいただける「L ファスナー小銭入れ」。あなたはどちらのタイプがお好みですか?

COIN PURSE LIST 小銭入れ 一覧

いずれも柔らかな鹿革素材は共通していますが、それぞれ個性があります。
がま口とは違ったシンプルさがあるのに一度見たら忘れられない、鹿革の良さがふんだんに活かされた個性的なコインポーチ。小銭の汚れがつきにくく、外側はカラーリングに合わせてファスナーテープカラーもコーディネートされているマチ有りLファスナー小銭入れ。あなたはどちらがお好みですか?

ABOUT DEERSKIN 鹿革について

革の特徴はイタリアンレザーに近い牛革と違って、柔らかく、馴染みやすいことです。 手に取った瞬間の軽さと、使い込んでいく内にまるで素肌のようになめらかに馴染むのは鹿革だけです。 革の「硬い、馴染むのに時間がかかる」という概念を覆す体験です。 ぽんと卓上に置いておしゃれな雰囲気になるインテリアにもなり、上質で海外のブランドでも一目置かれています。

鹿皮イメージ画像

軽くて丈夫な鹿革は、日本では古代から人々に親しまれてきました。奈良の正倉院の宝物の中にも、内側を鹿革で作られた履物があります。しかもある程度革の元の特質が保持されていることからも、経年による劣化が緩やかであることがわかります。

きめが細かい表面、ふっくらとしたやわらかさ、そして絹のようなしっとりとした手触り。非常に細かい繊維が密に絡んだ層でできているため、伸縮性に富んでいることも特長です。

一般的な革(牛、羊、馬など)で「伸びる」ことはあっても、通常の使用で「縮んで戻る」ことはあまりありません。鹿革の細い繊維はランダムに、高密度で絡み合っています。そのため、一度型崩れしたように見える製品も、形を整えて時間を置くとある程度形状が戻ることもあるのです。

当店の鹿革製品はすべて、創業130年を超える老舗タンナー「藤岡勇吉本店」の鹿革を使っています。全18色と豊富な色数で展開する鞄工房山本の鹿革製品は、藤岡勇吉本店の協力なくして生まれなかったでしょう。職人が作り上げた、その優しい色と質感を、是非お楽しみください。

鹿革サンプルを
無料でお届けします。

”レザーのカシミア”と呼ばれる鹿革ならではのやわらかく、しっとりした手触りを感じていただくために、無料サンプルをお届けします。触れた瞬間から実感して頂ける質感のなめらかさと伸縮具合をお楽しみください。お気軽に革サンプル請求フォームからご請求ください。

鹿革サンプル請求はこちら

BLOG 小銭入れ ブログ記事一覧

ライターの日常風景とともに小銭入れの使い方や特徴、コーディネートや神社で供養したお話など面白くて役立つ情報をお届けしております。
ライターの個性がとても光る小銭入れブログです。