BLOG

ランドセル屋さんの革製品ブログ

フレッシュな「若葉色」の鹿革製品で
春と運気を呼び込みたい

2019年2月19日

名刺入れ

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

最近冒頭では天気のお話ばかりな気がしますがあえて。

やっとこさ暖かくなってきましたね。このまま春の気候になってくれればいいのですが。
そんな願いを込めて、昨日**2/18(月)に発売した桃色と胡桃色**に続き、今日も春らしい色をご紹介です。

今回ご紹介するカラーで、実は私からの色のお話16色目です。新色発売のタイミングや異なる視点での紹介はまたしますが、とりあえず一区切り。

そんな記念すべきお色は春っぽいカラー、「若葉色」です!

厳しい冬を越えて芽吹く「若葉色」の鹿革製品

土脉潤起 つちのしょううるおいおこる

2/19~2/23頃の七十二候です。
「冷たい雪が暖かい雨に変わり大地に潤いを与え、眠っていた動植物も目を覚ます頃」という意味。
少し雨の降る最近の気候にピッタリな言葉ですね。雨が地面を濡らし、そこから瑞々しい二葉が芽を出す様子が目に浮かびます。
「**若葉色**」は本来夏の季語ですが、お色を見ると春にもよく合います。

(手前から)

名刺入れ 15,000円(税別)
ブックカバー(文庫本) 15,000円(税別)
長財布(小銭入れ・スナップボタン付き) 36,000円(税別)

若葉色を風水的な面と心理的な面から見てみる

風水ブームが最近再燃しています(社内で。厳密に言うと私と二見の間で)。それに乗っかって若葉色を風水の視点から見てみましょう! プラス心理の視点からも。

まず緑色が持つパワーは
* 再生パワー
* 成長パワー
* 勉強パワー
* 健康パワー
です。

パワーって連ねて書くと少し間抜けに見えます。
それはさておき。緑色はご覧のとおり「木」の色なので、再生や成長を促す効果が強くあるとされています。そのため、「棚からぼた餅で幸運が転がり込んできた!」なんてことを期待して緑色を身につけることはふさわしくないでしょう。
それは裏を返すと、「努力を続ければ必ず結果はついてくる」ということです。その後押しをしてくれるカラーが緑色なのです。

また、勉強をがんばるためのパワーも与えてくれます。直感力が普段より働くと言われているのです。
ところで心理的に見ると緑色は「ベスト・オブ・リラックス・カラー」。緑色を眺めることで疲れがとれ、集中力アップ。
それが勉強パワーに繋がっているのかもしれませんね。風水って実は科学的根拠が少しあるのか? なんだか若葉色は新社会人や新入生に「頑張れよ!頑張った分だけ自分に返ってくるから!」と伝えてくれている気がしてきました。

そして健康パワー。
「なんだか地味……」と思ったそこのあなた! あなどるなかれ健康運、この運はあらゆる運気の中で一番大事とされています。
考えるとそれもそうです、金運も恋愛運も身体なくしては意味がありませんからね。 そして緑色は健康運アップのナンバーワンカラーなんですって!

若葉色と他のお色たちの組合せ

[前回記事]の最後にチラ見せした、若葉色のバイカラー名刺入れに前に出てきてもらいましょう。

(手前から)

名刺入れ(バイカラー) 若葉色 × 薄藤色 12,000円(税別)
薄藤色 × 菜の花色

後ろに引っ込んだ「薄藤色 × 菜の花色」もついでに紹介しておきました。
メインは「若葉色 × 薄藤色」です。いやーフレッシュですねー春ですねー。
新社会人のポケットからこんなにフレッシュな名刺入れが出てきたら、その場で話題になること間違いなしですよ。営業成績もグングン成長しますよ!

ちなみに薄藤色はカリスマ性を強める色。こちらの名刺入れで出世コースに飛び乗れます!

さて私、風水のことをいろいろ書いておりますが、レザーグッズに限らず小物を買う時はまず、気に入ったお色を選ぶことをオススメします。
選んだそれが風水的にも良さそうならラッキー! ぐらいがちょうどいいと思います。まずは自分のしたい格好をすることが一番です。
鞄工房山本の鹿革製品は多色展開です。カラーの選択に困ったら私たちのブログを読み返して考えてみてください。

ということで、私が選んだ春っぽいカラーパレットでお別れです。

鞄工房山本 晴之

筆者プロフィール

名前:晴之

奈良県出身 同志社大学卒業
卒業後は高校教師を5年間勤める
2018年4月に鞄工房山本入社
趣味はウィンドサーフィン、スノーボード
好きな科目は数学